試作モデルの製作、デザインモデルの製作をしています。主に真空注型、粉末造形、光造形、切削加工の試作・小ロット量産品の製造会社です。




試作加工方法 真空注型
■真空注型とは

真空注型とは、成型技術の方法で、シリコンゴム型を使いABS・PP・PE・エラストマ等のプラスチック樹脂相当品を製造する技術です。金型のかわりに弾力性のあるシリコンゴム型を使用します。
型枠を製作し、光造形・切削加工等で製作させたマスターモデルを取付けます。
ゲート・ガス抜き等の処理を施し加工された型枠に温めた液状のシリコンゴムを流し込み硬化させます。シリコンゴムが完全に硬化したら型から取り出し、メス等の刃物で切り分割します。分割されたシリコンゴム型を真空注型機にセットし、真空状態でウレタン樹脂を流し込み製品を作る事ができます。ウレタン樹脂は熱硬化樹脂の為、60℃から70℃で60分程度加熱し硬化させます。
この作業を繰り返し行う事で同形状の製品を複数製作出来ます。
金型を製作しない為、短納期での製作が可能です。
▼シリコンゴム型をメスでカットしているところです。
●真空注型で製品ができるまで
シリコンゴム型の作成〜真空注型で製品ができるまで

真空注型のメリット
金型を必要としない為、安価での対応が可能です。
短納期で同等の製品を複数製作できます。

真空注型のデメリット
シリコンゴム型が柔らかい為に製品の取り数に限度があります。製品の形状によりますが20個から30個程度が目安になります。

真空注型品の使用目的
真空注型品の使用目的とは、設計・開発段階に於いてプロトタイプの検証を行う手法で量産試作である程度の数量を製作する場合有効な製造方法であり、納期短縮・コストダウンできる試作加工技術になります。
●試作品でデザイン確認 嵌合確認など量産に移行する前の検査部品として
●嵌合などの形状評価確認
●量産に移行する前の評価
●小ロットの量産品
●金型に移行する前のテスト部品として

■日本ウィードの真空注型機
真空注型機

サイズ:W560×L590×H600
大型注型機

サイズ:W1180×L1500×H1130

●大型真空注型機サイズW1180×L1500×H1130を所有しておりますので大型製品に対応できます。
●医療関係の筐体のカバーの試作・量産に対応しております。
●電気関係の筐体・プリンター等の部品等の試作・小ロットの部品に対応しております。

真空注型用ウレタンの樹脂/特性

■ABS相当
耐衝撃性・耐熱性に優れています。
ABS樹脂の風合いと類似している材料です。
透明・クリーム色 黒 着色対応可能。

■PP相当
耐衝撃性・耐熱性に優れています。
PP樹脂の風合いと類似している材料です。
透明・クリーム色 黒 着色対応可能。

ウレタン樹脂の特性(代表値)
項目 条件 単位 代表値
硬度 ASTM D-2240 25℃ ショアD 76
引張り強さ JIS K-7113 Mpa 46
引張り弾性率 JIS K-7113 Mpa 1400
伸び率 JIS K-7113 % 75
曲げ強さ JIS K-7171 Mpa 71
曲げ弾性率 JIS K-7171 Mpa 1500
衝撃強度 JIS k-7110
IZod Vノッチ付
KJ/F 12
特性値は一般的な数値になります。ウレタン樹脂の素材により特性値は変わります。

■エラストマ相当
20°から90°程度の硬度に対応できます。
ゴム部品の相当品として製作可能です。

■サンプル色に基づき調色・着色注型も可能です。
透明・白・赤・その他の試作品から量産品まで製作可能です。

■2種類のウレタン樹脂を合わせた2色注型も製作可能です。
ABS相当とPP相当を合わせた2種類の樹脂を
部分的に素材と色を分けた注型も製作可能です。

■着色も対応可能です。
エラストマ相当品も対応可能です。指定硬度から90度相当まで対応可能です。
エラストマ相当品も真空注型で製作可能です。

■インサート注型も可能です。
金属部品・インサートネジを挿入した注型品も対応可能。

■大型部品の納入実績多数
センターピラー、ダッシュボード、インパネ、バンパー、シート廻りの部品、
筐体のカバー等多岐にわたり製作しております。

■注型品に塗装・シルク印刷・アルミの蒸着など対応可能

注型品サンプル



真空注型とは
真空注型で製品ができるまで
真空注型のメリット
真空注型のデメリット
真空注型品の使用目的
日本ウィードの真空注型機
真空注型用ウレタンの樹脂/特性





SSLサーバー お問い合わせフォームからのデータはSSLで暗号化されています。また、個人情報は厳重に管理しています。 Page Top

by Adart link
Copyright & Copy; 2012 Nihonweed corporation All rights reserved.